高齢者への住宅セーフティネット

【Syowa Generation】
今後大きな社会問題になる高齢者住宅問題
国の支援策は?
高齢者の方には国が支援している【住宅確保要配慮者】というセーフティネットが存在しています。(この高齢者の基準ですが国は年齢は定めていません)
この制度により、住宅確保要配慮者居住支援法人が存在しています。
居住支援法人は下記の業務を行います。
  • 登録住宅の入居者への家賃債務保証
  • 住宅相談など賃貸住宅への円滑な入居に係る情報提供
  • 相談見守りなど要配慮者への生活支援
    上記に附帯する業務

住宅確保要配慮者居住支援法人https://www.mlit.go.jp/common/001465934.pdf

お住まいになっている地域での支援していただける法人の一覧です。
このほかにも地元の不動産会社は支援してくれる故を伝えている場合がありますので、市町村に相談をすることも重要と考えます。
とにかく、危惧しましたら早めの相談が大切です。

今お住まいになっているお部屋を永く住み続ける重要な事
1. 近隣とトラブルを無くす
2. ゴミなどをためない
3. 管理会社とうまく関係を保つ
4. 家賃滞納してもきちんと連絡をする
などをきちんと守れば管理会社も簡単には更新を拒否できません。
もしこのことを守っていても更新を拒否してきたら、市町村の無料法律相談窓口に行くことを勧めます。

きっと力になってくれるはずです。
簡単には更新等を拒むことはできないのが今の法律です。
でもあくまでもきちんと1~4の事項を守っていることが大切です。

次回は都内で高齢者などが住めるお部屋の情報をお送りいたします。

※きっと役に立ちます↓
【YouTube】昭和の心でSNS
https://www.youtube.com/channel/UCRnuUqkOZE73wCby-EcrBWw

【YouTube】ここ住むtokyo
https://www.youtube.com/channel/UCjz-2S6rJKWma2GfAY2C4fA

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました