SNSで繋がる昭和の心と21世紀の技術

【Syowa Generation】
昭和時代携帯→令和時代スマホへの進化→未来

シニア世代に問う!!

1.メールベース
メールを基に友達や仲間とコミュニケーションを取るプラットフォームでした。これからもメールは重要なコミュニケーションツールとして残るでしょう。
2.テキストと写真
テキストに写真を組み合わせ、ユーザーが生活の一部をよりリアルに共有できるようになった。
3.ビデオコンテンツ
ライブストリーミングやショートビデオはSNSにおいてますます重要なコンテンツとなり、ユーザーはリアルタイムでのコミュニケーションや情報共有が可能になる。
4.現実(AR)仮想(VR)の統合
SNSプラットフォームはARとVR技術を統合し、ユーザーが仮想空間で友達と交流したり、仮想のアバターを通じてコミュニケーションしたりできるようになる。
5.データセキュリティとプライバシー
ユーザーのデータセキュリティとプライバシーが強化され、SNSプラットフォームはより信頼性の高いものとなります。
こんな感じで変化してきたしこれからも進化していくことでしょう。
あまりのスピードついていけない昭和生まれ、60代は特にガラケーの世代、数年前までガラケーの人を街角でよく見ましたね、確かに今は皆さんスマホに変換していますが、いまだに電話機なんでしょうね、この「どこでもドア」もどきの優れた手のひらサイズの道具。
単純にメールの打ち方ひとつをとっても、調べる手立ても、利用する種目も平成生まれと昭和生まれでは全く違う使用感、これが恐ろしいことになるんです10年後20年後に、今からでも遅くないです。
昭和生まれの方は最低限のスマホの利用の仕方を覚えるべき、20年後頭が回らなくなってでは遅いのです。

※きっと役に立ちます↓
【YouTube】昭和の心でSNS
https://www.youtube.com/channel/UCRnuUqkOZE73wCby-EcrBWw

【YouTube】ここ住むtokyo
https://www.youtube.com/channel/UCjz-2S6rJKWma2GfAY2C4fA

コメント

タイトルとURLをコピーしました